iOS15の新機能「集中モード」の使い方をわかりやすく解説

集中モードとは?

9月21日に公開されたiOS15の新機能「集中モード」は簡単に言えば”通知”をコントロールする機能です。

何かに集中したい時、睡眠の時、仕事の時、運転の時、ゲームの時など通知を細かく設定できます。

例えば、仕事の時は上司や部下など仕事関係の連絡だけを取りたい。

けれど、友達やゲーム、SNSからの通知が来たら気になって見てしまう。

こういう時ありませんか?

これは「集中モード」の”仕事”を適当に設定することで解決できます。

詳しい設定方法は後から解説します。

このように仕事中は”仕事”集中モードをオンにして、寝るときは”睡眠”集中モードをオンにして通知を細かく設定することができるのです。

※この記事はiOS15にアップデートされていることが前提で書かれています。

睡眠を設定してみる

今回は”睡眠”の集中モードを設定してみます。

①「設定」>「集中モード」を開きます

 もしくはiPhoneの右上からコントロールセンターを出して集中モードを開きます。

②「睡眠」をタップ。

 コントロールセンターから開いた方は「…」をタップして「設定」にいきます。

③この画面が開けたらあとは「通知を許可」のところから”連絡先” or ”App”を開き、睡眠中に来てもいい通知を選択します。

これで寝てる間に来てもいい通知を設定できました。

あとは集中モードの”睡眠”を押すだけで今の通知設定が適応されます。

何も許可しなければどこからも通知が来ません。

ゲームを設定してみる

集中モード”ゲーム”は初期設定でコントロールセンターにはないと思います。

なので新規集中モードとして追加しましょう。

①「設定」>「集中モード」

②右上の「+」をタップし、ゲームを選択します

③「通知を許可する連絡先」、「通知を許可するApp」を選択しましょう。

 ”ゲーム”では対応しているゲームを開始したときに自動的に集中モードをオンにするという機能も
 あるので使いたい人はオンにしましょう。

以上で完了です。

コントロールセンターに”ゲーム”が追加されてるのを確認しましょう。

集中モード状況

睡眠の設定をするときオプションに「集中モード状況」というのがありましたね。

「集中モード状況を共有」をオンの場合、あなたにメッセージを送った人に「現在通知が知らせれない状況になっているよ」と相手に知らせてくれます。

別に知らせる必要はないよという方はオフにしておきましょう。

デバイス間で共有

「デバイスで共有」をオンにするとこれらの各モードが、複数のデバイス間で共有できるようになります。

iPhoneで設定したモードがiPadやMac、Apple Watchにも反映される便利な機能です。

まとめ

iOS15に追加された「集中モード」の使い方わかりましたか?

集中モードは場合によって通知をコントロールできる機能

以上でこの記事を終わります。

是非使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました